ケーススタディ 3

今回のケースは毛流が左に流れ、左サイドが跳ねてしまうというお客様です。
以前にも同じようなケースがありました。それだけ多い事例ということです。日本人の場合、ストレート直毛の方は全体の20%に満たないと言われています。ですので今人気のボブでも真っすぐにきれいに収まる方は非常に少ないのです。意外に知られていないことですが、ボブスタイルをしている方々の多くは何かしらの施術(パーマやストレート)を施し きれいな内巻きのボブを完成させています。

今回のお客様も、クセ&取れかかったパーマの影響で左流れの左サイド跳ねになっていました。今回は毛先にパーマをかけ、毛流れと跳ねを毛先の内巻きパーマで解消してあげました。

いかがでしょうか。 ドライヤーでハンドブローしただけで簡単に収まります。
お手入れが大変、まとまらない、まとまりにくい などありましたらぜひご相談下さい。必ず解決致します。

mona

投稿者について

monastaff