髪のエイジング対策 ( グローシブ )

髪のエイジング対策 (グローシブ)

 

髪のエイジング、40歳を過ぎたころから髪に艶が無くなり、髪が細くなり、地肌が見えるようになってくることを言います。髪が細くなることで真っすぐだった髪がくせ毛のようになることもあります。また、前髪(生え際)が短くなってなかなか伸びないということもあります。
これらの原因は、老化によって頭皮の血管が細くなることにあります。血管が細くなり血流が滞ると、毛根の働きが弱くなり髪は細くなっていきます。まずは下記の図を見て説明しましょう。

 

 

髪は根元(頭皮下)にある毛根の働きによって伸びます。毛根に繋がっている頭皮下の血管からの血流が多ければ多いほど毛根の働きは活発になり、毛母細胞が増え 髪は太く良く伸びてくれます。従って毛根に繋がる血管の血流を良くすれば髪は太く良く伸びるというわけです。そう言ったことから、現在 育毛剤は頭皮の血流を促すことを主としています。しかしオージュアの発売元のミルボンは、血流を促すことに着目せず、研究の結果、スカルプフローラ(頭皮常在菌)のバランスを保つことで抜け毛抑制、白髪増加抑制に効果があることを発見しました。そしてグロウシブというシリーズを発表しました。

スカルプフローラは頭皮の表面に存在する細菌群のことで、善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌などがバランスを保ちながら、頭皮にさまざまな働きかけを行っています。オージュアの販売元であるミルボンは研究によって、頭皮の赤みが強いほど抜け毛や髪のやせ細り、白髪が多くなる傾向を確認。また、赤みの強い頭皮では、コリネバクテリウムという菌が増加してスカルプフローラのバランスが崩れ、それが抜け毛ややせ細りなどの一つの要因になっていることを発見しました。
スカルプフローラのバランスを改善する4-BBエキス(4種のシソ科植物エキス)が配合されており、頭皮のコリネバクテリウムの割合を正常化させることで、抜け毛や髪のやせ細り、白髪の増加抑制にアプローチします。

 

オージュア グロウシブ サイト