ケーススタディ 9

今回のケースは、胸元のロングヘアから肩上のボブにイメージチェンジするお客様の施術工程をご紹介したいと思います。

季節がらマフラーを巻いたり襟の高いシャツを着る機会が多いとのことで、普段は縛っていることが多いそうです。 そこでお手入れが楽で明るく見える印象にしたいとご要望がありました。カウンセリングを入念に行い、今回は肩上のボブにパーマをかけ、軽やかな印象かつお手入れが楽なヘアスタイル提案をさせて頂きました。

カット後です。 パーマをかけることを前提にした毛量調整をしています。この毛量調整具合とパーマのかかり具合(強さ) によりパーマヘアの出来栄えが大きく変わります。

パーマ終了時です。丁度良い感じにかかりました。しっかりパーマがかかり、見ているだけでお手入れが楽そうなのが分かります。ちなみにこちらのお客様はデジタルパーマを施術しました。この後はドライヤーでラフにハンドブローし、指先に少量のワックスをつけ 毛先に揉み込みスタイリングします。

いかがでしょうか。 マフラーを巻いても襟の高いシャツを着てもヘアが崩れることはありませんね。そしてご要望通りお手入れが楽で、明るく爽やかに見えます。 イメチェン大成功です!
ヘアスタイルについて悩んでいることがあれば、ぜひお気軽にご相談下さい。プロの目で確実なアドバイスをさせて頂きます。

mona

投稿者について

monastaff